不動産買取の基礎知識を知る~物件売却のススメ~

不動産の売却方法の違い

不動産を売却する方法として、「不動産仲介」と「不動産買取」の2種類があります。どちらの方法も、不動産が対応してくれるという点は同じですが、売却方法は全く異なります。そのため、不動産売却するときには、どちらの売却方法がご自身に合っているか?ということを確かめた上で決めるようにしましょう。

仲介と買取を比較する

不動産仲介

不動産会社の方に売却を委託し、広告や流通ネットワークなどを駆使して買主を探す方法が、不動産仲介になります。不動産仲介は不動産会社の方が代わりに買主を探してくれるので、面倒な手間や対応がご自身にはありません。その反面、仲介手数料が発生したり、買主が長期間決まらないというリスクもあります。

不動産買取

一方、不動産買取は不動産会社が直接買主となり、ご自身が所有している物件を買取します。不動産買取は買主を探す手間や時間が省け、早期に物件を手放すことが可能です。しかも、直接売買なので仲介手数料は発生しません。ですが、市場価格よりも安い価格で取引されやすいので、売却時には注意が必要でしょう。

不動産売却の心得

不動産は多くの家を持つ人にとって、極めて大きな資産となることは間違いありません。しかし、不動産は価値が変動しやすい傾向にあり、購入した時点から徐々に価値が下がっていきます。そのため、志木や呉市では不動産の売却を検討する方も多くいらっしゃいます。もし、不動産を売りたいと思っているなら、これから紹介する不動産売却のコツを見ておきましょう。

不動産を高く売ろう!不動産買取がいい理由とは

レディ

不動産の状態にこだわる

不動産の売却において、売却する不動産の状態は何よりも大切です。どれほど高い値段で不動産売却を実現したいと思っていたとしても、物件そのものに価値が無ければ高い値段はもとより、相場の値段でさえも売ることができません。そのため、買い手側が高い金額を出しても購入したいと思える状態にしておくように心掛けておくべきでしょう。必要であれば、リフォームやリノベーションを行った方が高く売れるというケースもあります。売りたい値段を設定する前に、不動産の状態にこだわりを持ちましょう。

女性

複数の不動産会社に査定依頼する

不動産一つをとっても、複数の不動産会社から見積りをとっておくことは重要なポイントです。どんな物件を売るにしても、売却を任せる不動産会社が違えば、査定金額やサポート体制も異なります。金額が高ければ信頼できるというわけではありませんが、なるべく高額査定してくれる不動産を選びたいところです。特に、不動産買取を行なうのなら、見積もりを比較するだけでも、物件の価値が一目瞭然です。売る値段の基準を決めるためにも、あらかじめ複数の不動産会社から見積りをとっておくといいでしょう。

模型を持つ人

売却の初心者は不動産買取がいい

不動産売却は初心者にとって難しいことが多く、失敗したとの意見もよく聞きます。そのため、初めて不動産売却を行なう場合には不動産仲介ではなく、不動産買取を選んでもいいでしょう。不動産買取は市場価格よりも安く購入される傾向にありますが、その分、物件を早期に手放すことができます。しかも、仲介のように物件が数年経っても売れないということはまずありません。不動産売却して、次に新しい物件を購入するという方は不動産買取を選ぶことをオススメします。

不動産売却に必要な書類一覧

  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 登記済権利書
  • 固定資産税納税証明書
  • 土地測量図
  • 建築確認済証
  • 耐震診断報告書
  • 地盤調査報告書

[PR]
オーダー家具の専門店を大特集
好みのインテリアを手に入れよう

広告募集中