不動産を購入するなら売主物件or仲介物件?

売主物件と仲介物件それぞれのメリット!不動産購入の基礎知識

不動産を購入するなら売主物件or仲介物件?

家

不動産には二種類ある

ひばりヶ丘や江戸川区では不動産物件が沢山ありますが、その分類は「売主物件」と「仲介物件」に分かれています。売主物件は不動産会社が直接、土地や建物を仕入れ、販売している物件のことをいいます。一方、仲介物件は大家さんや経営者の方が不動産会社に委託して、販売を代行している物件のことをいいます。

粘土の家

コスト削減に向いている売主物件

売主物件は不動産会社が一定のエリアの土地を一気に購入し、その土地に建物を大量に建築するため、コストパフォーマンスに優れています。よって、物件が売られる頃の販売価格も仲介物件に比べて、安価なことが多いようです。また、売主物件は不動産会社が直接販売しているので、仲介手数料が発生しません。そのため、不動産購入の予算を抑えたいという方にはオススメできます。

積み木の家

サポート体制なら仲介物件がいい

仲介物件は手数料こそかかってしまいますが、その物件の数は全国的に見れば、売主物件より遥かに膨大な数があります。そのため、仲介物件の方がご自身にとっていい物件が見つかる可能性が高いです。しかも、仲介手数料を支払うことで、不動産会社側に「仲介責任」が発生します。仲介責任は売主側と買主側とでトラブルが発生した際に、不動産会社が対応してくれるという制度です。サポート体制を重視するなら、仲介物件もいいでしょう。

不動産購入の流れを知ろう

積み木

情報収集

希望エリアにはどのような物件があって、どれほどの価格で販売されているのか?ということを調べておきましょう。不動産物件の相場を把握しておけば、選び方の基準がわかります。ネットや不動産情報誌などから相場と細かい条件をざっくりと見ておくといいです。

物件見学

情報収集の段階で気になる物件があれば、随時、不動産会社に問い合わせして物件見学を予約しておきましょう。遠方の物件の場合には、見学するのは厳しいかもしれませんが、物件は必ず自分の目でしっかりと見ておくべきです。気になる物件が見つからない場合には、モデルルームに行ってみるのもオススメです。

購入申し込み

自分が欲しい物件に出会えたら、購入申し込みを行ないましょう。購入申し込み時点から不動産会社と交渉をはじめることができます。価格をより下げるために、買いたい値段の意思表示と妥協点を不動産会社の方に伝えておくといいです。また、新築マンションなどの場合には、申込み証拠金として2万円~10万円程度の費用が必要になることもあるので、事前に聞いておくといいでしょう。

住宅ローンの審査

購入の意思が固まったら、物件の購入申込みと同様に住宅ローンの審査も進めておきましょう。住宅ローンでいくら借りることができるのか?金利はどれぐらいか?ということを聞き、収入に対して無理のない資金計画を立てていきます。住宅ローンの審査が通れば、いよいよ契約に移ります。

契約・引き渡しまで

重要事項説明書や契約書の内容を把握した上で、契約書にサインしましょう。売買契約が成立した時点で、その物件はご自身の所有物となります。最後に内覧を担当者の方とチェックし、引き渡しに応じます。引き渡しが完了した後は、所有権移転登記などが行なう必要があるので、手続きは早めに済ませておきましょう。手続きが終われば、新しい生活がスタートです。

広告募集中