オーダー家具が新築物件にオススメできる理由とは

理想的な住空間が作れるオーダー家具!正しいショップの選び方

オーダー家具の素材

オーダー家具に作る際には、木材をはじめ、ステンレスやポリエステルなども使われる場合があります。これからランキング形式でご紹介するのは、その中でも人気の素材になります。オーダー家具を依頼する前にはチェックしておきましょう。

オーダー家具に使われる人気の素材ベスト5

玩具の家具
no.1

無垢材

1本の原木から角材や板を直接切り出して作る素材で、調湿作用に優れているということが最大の特徴でありメリットです。基本的に木は世界的に同じ木目のものはなく、無垢材を使用したオーダー家具は世界に一つだけの物になります。

no.2

ポリエステル化粧合板

ポリエステル系の合成樹脂を合板の表面に熱圧着したものが、ポリエステル化粧合板で一般的に「ポリ」や「ポリ板」とも言われています。このポリエステル化粧合板は圧着できるカラーが豊富にあり、コストパフォーマンスに優れていることから、オーダー家具でも人気です。

no.3

天然木化粧合板

良質な無垢材を薄く刃物で削ぎ取った天然木化粧合板は、1本の木から多くのオーダー家具を作ることができるため、比較的に安価で作れます。天然木化粧合板は無垢材のように使用感や風合いがでることはありませんが、コストを抑えたいという方にはオススメです。

no.4

杉足場板

昔より建築現場で使用されてきた杉足場板はアンティーク調のオーダー家具を作る上では最適な素材の一つです。杉足場板は過酷な環境下で使用されていたこともあり、反りや痛みが目立つこともありますが、その分、レトロな家具を制作することが可能です。

no.5

ステンレス

クロムやニッケルを含有した合金であるステンレスは、サビにくい、熱に優れている、加工性が高いと三拍子のメリットがある素材です。ステンレスのオーダー家具自体は珍しいですが、主にキッチン周りに用いられることが多いようです。

オーダー家具が新築物件にオススメできる理由とは

家具

オーダー家具の存在

近年、住空間においてインテリアが重視されるようになっており、家具や雑貨、照明器具の需要が高まりつつあります。特に、テーブルやイスといった日常生活に使われる家具は機能性だけでなく、デザイン性も求められています。そのため、最近では多くのご家庭によってオーダー家具が注目されているのです。

家具

オーダー家具のメリット

オーダー家具は自分の叶えたかった理想のデザインや収納のこだわりを実現することができ、寸法を細かく調整することができるので、住空間のデットスペースも有効活用することが可能です。また、オーダー家具は基本的に耐久性に優れており、既存の家具よりも長持ちしやすいです。そのため、新築物件にお住まいの方には非常にオススメできるでしょう。

テーブルとイス

ショップ選びが大切

オーダー家具に対応してくれるショップは今や全国各地に存在しています。そのため、ショップ選びに悩むという方も多くいるはずです。そんな時には、ネットを利用するといいでしょう。ネットならオーダー家具の専門店の評判や実績を調べることができ、大体の価格も把握することができます。ご自身の住まいに合わせたオーダー家具を作りたいなら、実績が多いところを選びましょう。

優良なショップの見分け方

家具

機械化が進んでいるか

いいオーダー家具を作る上で熟練職人の技が必要になることはもちろんのこと、どれだけ機械化されているか?ということも重要です。機械が十分に揃っている工場であれば、低コストで高精度なオーダー家具が作れる可能性が高いです。サイザーや縁貼り機、NCルーターを導入しているショップを選びましょう。

価格だけでの判断はNG

オーダー家具の金額が決まる要素は、工場の製造原価と仕入れなどで発生するマージンです。価格が安いところは一見、良心的だと思いがちですが、製造に使われている素材が低品質の可能性も少なくありません。価格だけでの判断はせずに、職人のスキルや工事実績の豊富さを必ずチェックするようにしましょう。

専門店が一番オススメ

オーダー家具はハウスメーカーやリフォーム、リノベーション業者などでも対応していますが、なるべくオーダー家具の専門店を選ぶといいでしょう。オーダー家具の専門店なら細かな要望にも対応してくれますし、料金自体も比較的にリーズナブルです。しかも、保証サービスも充実しているので、専門店はオススメできます。

広告募集中